外資系企業への転職は女性にとってハッピーか

外資系企業で働く日本人女性と言えば、「バリバリ働いている」「男性にも引けを取らない」「キャリアウーマン」といったイメージが定着しているものです。では、女性が外資系企業へ転職することは、果たしてメリットが多いことなのでしょうか。

女性にとってある意味働きやすい環境

日本社会においては、まだまだ女性は男性よりも社会進出が進んでいないという現状があります。一方欧米諸国では、日本と比較すると女性の社会進出は非常に進んでいます。そのため、外資系企業では男女平等な社風が日本企業よりも多く、良い意味でも悪い意味でも男女の区別なく、様々な仕事を任せられる環境であると言えます。

さらに日本企業はまだまだ終身雇用の気風が残っている企業も多いのですが、転職によってキャリアを磨いていくという考え方がある外資の場合、女性の転職者は非常に多い状況です。

結論、男女、新卒・中途の区別なく様々な仕事を任せられるという点では、バリバリと思いきり働きたい女性にとってははたらきやすい環境であると言えるでしょう。

外資系に向いている女性

そもそも、外資系へ転職することが向いている女性とはどのような人なのでしょうか。外資系というとものすごい実力主義の厳しい環境であるというイメージが先行しがちですが、それは外資系に向いていない人がそのように表現してしまったうわさが広まっている可能性があります。仕事の厳しさは、日本企業であろうと外資系企業であろうと、そう大きくは変わりません。あえて外資系で通用しそうな人の特徴を上げるとするならば、

  • 自分のやりたいことが明確な人
  • 自己管理ができる人
  • 愚痴を言わない人
  • 自己責任で動ける人

ということが挙げられます。

外資系企業の面接では、その人がこれまでどんなキャリアを積んできて、うちで何をしたいと思っているのか、どんな戦力になってくれるのかということを重視します。英語を活用したいとか、外資でバリバリ働きたいといった漠然とした理由しかない場合、それは外資系への転職は向いていないと言えます。また、外資系企業に勤める女性は、自分のスキルアップのために金銭的、時間的投資を惜しまない人も多いです。さらに特徴的なこととしては、基本的に単独プレーであるということです。プロジェクトなどではもちろんチームプレーになりますが、日本人特有の「みんなと一緒」精神が強い人は、外資系への転職は向いていません。自分の行動に自分で責任を持つということが無意識にできる人であれば、外資系企業でも十分通用するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>